arkray

トップ > 構成・仕様
 

システム構成

シンプルなシステムで、手軽に唾液検査を実施できます。

システム構成

構成は、装置本体と医院にあるパソコン・プリンタです。
Windows、Mac両方に対応できます。


検査キット

検査キット

キット内容は、試験紙・洗口用水(3ml)です。

キット内容は、試験紙・洗口用水(3ml)

検査キット1箱につき、試験紙30本・洗口用水(3ml)30個・添付文書1部が入っています。
※ スポイト、コップは別売りとなります。

 

コンパクト

仕様

装置仕様

名称唾液検査用装置 SiLL-Ha
「使用試験紙」シルハペーパー
構成分析器本体、外部パソコンソフトウェア(唾液検査結果シート作成プログラム)、付属品
測定対象洗ロ吐出液
使用試験紙シルハペーパー
測定項目むし歯菌、酸性度、緩衝能、白血球、タンパク質、アンモニア
測定原理2波長反射測光法
測定波長565nm/635nm/760nm
試料供給方法マニュアル滴下
測定時間約5分/測定試料
測定試料架設数1測定試料
起動時間最大30秒
外部出力USB 1ポート
測定環境温度:10~30℃、湿度:30~60% R.H.(結露しないこと)
保管環境温度:1~35℃、湿度:20~80% R. H.(結露しないこと)
輸送環鏡温度:-10~60℃、湿度:20~80% R.H.(結露しないこと)
外形寸法160(幅)× 105(奥行)× 51(高さ)mm
重量約430g(充電池を含む)
電源USB (DC 5V、充電池を使用)
電源入力DC 2.5W以下
音圧レベル 80dB以下
使用場所 屋内使用専用
最大高度2000m
汚染度2
耐用期間5年(自己認証による)

パソコンのハードウェア要求

OSWindows® 7 日本語版(32bit版/64bit版)
Windows® 8 日本語版(32bit版/64bit版)
Windows® 8.1 日本語版(32bit版/64bit版)
Windows® 10 日本語版(32bit版/64bit版)
Mac OS X(v10.8~v10.11)
プロセッサ lntel® Pentium Ⅱ 266MHz以上
メインメモリWindows® 7/8/8.1/10の場合 : 1GB以上
Mac OS Xの場合 : 2GB以上
HDD/SSD空き容量 : 1GB以上
解像度VGA(640×480)以上
USBUSB2.0 5V 500mA

測定原理

本装置は、2波長反射測光法により測定試料(洗口吐出液)を測定します。測定試料を滴下した試験紙の色の変化を565nm、635nm、760nmの光の反射率で測定することにより、むし歯菌・酸性度・緩衝能・白血球・タンパク質・アンモニアを測定します。

ページのトップへ戻る